ベビー用品の揃え方|初めてママになるなら

乳児

赤ちゃんが快適なベッドを

ベビー

設置場所を確保する

出産するにあたって、数多くのベビー用品を準備することになります。その中のひとつがベビーベッドです。必ずしも購入しなければならないものではありませんが、生後間もないうちは、お世話がしやすいベッドを購入する人は多いです。ただベビーベッドの購入を考えるときは、まず設置スペースを確保する必要があります。一般的なサイズは120×70センチという大きさなので、設置スペースがあるかどうかを確認しておきましょう。もし一般的なサイズの大きさのベビーベッドを置く場所がない、という場合は、コンパクトなミニベビーベッドを選ぶという選択もあります。90×60センチという大きさなので、場所をとりません。一般的なベビーベッドと同様、使用期間の目安は生後〜24ヵ月ごろまでとなっています。床板の高さ調節ができることで、つかまり立ちをするまではハイタイプで、つかまり立ちをするようになってからは危険を回避するためにロータイプでベビーサークル代わりに使用することができます。また、大切なのは安全基準を満たしているベビーベッドかどうかです。値段だけで購入せず、安全基準マーク、シールなどがついているかどうかしっかり確認してから購入しましょう。最近は、就学前までベッドとして使用できるものや、ベンチやソファーに形が変えられるもの、ベッドのサイズが変えられるものなど、長く使用できる機能的なベビーベッドも登場しています。将来のライフスタイルをイメージして選ぶこともおすすめです。